演題情報

口演

開催回
第56回・2011年・横浜
 

透析患者への継続的な栄養指導を阻む要因

演題番号 : O-1076

久保 弥応:1、前田 佳美:1、山本 由香:1

1:山田赤十字病院 血液浄化センター

 

【目的】A病院における継続的な栄養指導を阻む要因を明らかにする。【方法】A病院透析室看護師16名を対象に「透析室内での栄養指導について」というテーマでグループディスカッションを行い発言を抽出、コード化し、継続的な栄養指導を阻む要因をkJ法で分析した。【結果】意見を分析した結果、89コード、14サブカテゴリー、更に『看護師の知識・技術の不足』『患者の栄養指導に対する反応』『指導環境が確保できない』『栄養士との連携不足』『栄養指導に対する看護師の考え方の違い』の5カテゴリーが導き出された。【結論】指導に対する患者の反応や指導環境が整っていない事が看護師の指導への意欲に影響しており、看護師自身が指導の知識・技術不足と感じていることもまた指導の継続を阻んでいることが明らかになった。

前へ戻る