演題情報

口演

開催回
第56回・2011年・横浜
 

BV計とCLの血液最大濃縮率の差の検討

演題番号 : O-0722

戸田 晃央:1、椎野 昭之:1、星野 大吾:1、井上 真:1、有阪 弘明:1

1:茨城県立中央病院 透析センター

 

【目的】 血液透析の血行動態モニタリングの指標として、日機装社製BV計(以下BV)とJWS社製クリットラインモニター(以下CL)が多く使用されているが、治療に用いた場合BVとCLの両者に差異が生じる事が言われている。そこで今回、日機装社製個人用透析装置(以下DBG-03)を使用し、透析施行中にBVとCLの両者を用いて血液最大濃縮率の差異について比較検討し考察した。 【対象】 当院透析センターで血液透析を施行した外来透析患者6名を測定した。 【方法】 DBG-03を使用し、透析運転開始時にBVとCLを同時にスタートさせ、それぞれ1透析あたりの血液最大濃縮率を測定した。 【結果】 外来透析患者6名10透析のBV/CLは0.8であり、BVの方が血液最大濃縮率において20%低値を示した。 【考察】 BV・CLの増減傾向は比較的同様であるが、血液最大濃縮率では20%BVの方が低値を示す。発表時には症例数を増やし、貧血時やアルブミン等の増減により血液最大濃縮率に差異が生じるのか、BVの最大値をDWの参考にする場合は注意を要する為、さらに検討を重ねたい。

前へ戻る