演題情報

口演

開催回
第56回・2011年・横浜
 

CRRTにおける膜面積の増加はhemofilter life-timeが延長するか

演題番号 : O-0581

早崎 裕登:1、塚本 功:1、村杉 浩:1、秋元 照美:1、土屋 陽平:1、梶 真悠子:1、高根 裕史:2、鈴木 洋通:2

1:埼玉医科大学国際医療センター MEサービス部、2:埼玉医科大学国際医療センター 血液浄化部

 

【目的】CRRTにおけるhemofilter life-timeが延長するための一手段として膜面積の増加が効果的であるかPS膜を用いて検討した。【方法】CRRT条件としてQb80・120ml/min、hemofilterはSH-0.8・SH-1.0を用いた。検討項目はAV圧較差、TMP、Qf、life-timeおよび回路内凝固評価とした。またend pointは開始時圧力より動脈圧+100mmHg、濾過圧-100mmHg、48hr経過後とした。【結果】AV圧較差は開始時→24hr後でSH-0.8:53.6→55.7mmHg、SH-1.0:40.8→47.3mmHgであり、TMPではSH-0.8:43.3→48.7mmHg、SH-1.0:41→48.6mmHgと経時的圧変化はSH-0.8の方が少なかった。またQfはSH-0.8:0.67L/hr、SH-1.0:0.65L/hr、回路内凝固評価においてhemofilter凝固による回路交換は両群間に遜色なく、さらにlife-timeはSH-0.8:30.4±12.5hr、SH-1.0:31.8±15.5hrと有意差を認めなかった。【結語】PS膜hemofilterの異なる膜面積はhemofilter life-timeが延長しなかった。

前へ戻る