演題情報

口演

開催回
第56回・2011年・横浜
 

胸部X線による大動脈弓石灰化(AoAC)の簡便なグレード化と血液透析(HD)患者の心血管病(CVD)の関連

演題番号 : O-0473

栗田 宜明:1、細川 典久:2、野村 哲:1、前田 行治:1、内原 啓次:1、福原 俊一:3

1:(特医)御上会 野洲病院 内科、2:音羽記念病院 腎臓内科、3:京都大学大学院 医学研究科医療疫学

 

【目的】HD患者のAoACを胸部X線で簡便にグレード化しCVDとの関連を調べる 【研究デザイン】横断研究 【セッティングと対象】当院の全維持HD患者51名 【要因】AoACを胸部X線正面像でGrade 0/1/2/3の4段階に分類 (Symeonidis G. Int Angiol 2002)  【アウトカム】CVD(虚血性心疾患、脳梗塞、末梢動脈疾患)の有無 【解析計画】傾向検定、CVDを従属変数とした二項回帰分析 【結果】CVDはAoACのGrade毎に増加した(Grade0/1/2/3: 14%, 42%, 64%, 75%, p for trend <0.01)。CVDとの関連はAoAC Grade2と3(対Grade0 有病率差(PD) 0.5, 0.61, p<0.01), 年齢(10歳毎 PD 0.15, p<0.01), 女性(PD -0.1, p=0.6), 糖尿病性腎症(PD 0.19, p=0.18), 長期透析(PD 0.02, p=0.9)で, AoAC Grade 1/2/3は年齢・糖尿病性腎症で調整後もCVDと関連した(対Grade0 PD 0.25, 0.43, 0.62, p<0.05)。 【結論】胸部X線正面像で4段階にグレード化したAoACはCVDに関連した

前へ戻る