演題情報

口演

開催回
第56回・2011年・横浜
 

拡張型心筋症に対する免疫吸着療法の施行方法とその安全性

演題番号 : O-0193

村山 章:1、馬場 彰泰:2、若林 靖久:3、嶺井 定嗣:4、渡邊 曜子:1、宮北 由架:1

1:北里大学北里研究所病院 ME科、2:北里大学北里研究所病院 循環器内科、3:北里大学北里研究所病院 透析センター、4:北里大学北里研究所病院 泌尿器科

 

【目的】拡張型心筋症に対する免疫吸着療法の施行方法と安全性について検討した 【方法】ブラットアクセス・血漿処理量・施行回数抗凝固剤等について検討、実施した 【結果】ブラットアクセスに表在皮静脈を使用、血漿処理量は1500mlで5回を1クール、ヘパリンを使用した 【考察】拡張型心筋症に対する免疫吸着療法は問題なく実施出来た。

前へ戻る