演題情報

口演

開催回
第56回・2011年・横浜
 

特定積層型AN69膜の血液レオロジーから見た下肢血流改善効果

演題番号 : O-0036

石田 均:1、前川 圭右:1、須古 須尚:1、高木 美千代:1、古川 真澄:1、山下 弓子:1、大井 康子:1、久保 久美子:1、西原 つむぎ:1、滝口 ふみ子:1、相良 麻衣:1、永山 愛子:1、松浦 ゆかり:1、許林 友璃:1、鄒 美千代:2

1:塩屋王子クリニック、2:王子クリニック

 

【目的】特定積層型AN69膜が末梢血流改善効果の報告がある事から、今回糖尿病合併透析患者にホロファイバーから積層型に変更したときの血液レオロジーから見た下肢血流改善を検討したので報告する。 【対象】糖尿病を合併する当院透析患者10名を対象とした。 【方法】積層型ダイアライザーに変更した前後で、血液流動性測定装置(MCFAN)を用い透析開始・終了時の全血液通過時間を測定した。また、赤外線カメラで足の皮膚温度の測定を行い更に、LDLc、フィブリノーゲンなどの血液検査データの推移を検討した。 【結果・結語】全血液通過時間は、ホロファイバー型に比べ積層型AN69を使用したときに75秒、100秒後の血液通過時間が早かった。また赤外線カメラでは積層型AN69を使用したときの皮膚温の上昇が見られ、積層型AN69膜の末梢血流改善効果が示唆された。

前へ戻る