68 Sessions  PREVNEXT

  • 第1会場(メイン会場)
    白鳥ホール第1室(北)
  • 第2会場
    白鳥ホール第2室(南)
  • 第3会場
    4号館431
  • 第4会場
    4号館432
  • 第5会場
    1号館131+132
  • 第6会場
    1号館133+134
  • 第7会場
    レセプションホール第1室(東)
  • 第8会場
    レセプションホール第2室(西)
  • 第9会場
    1号館141+142
  • 第10会場
    展示室211
  • 第11会場
    展示室212
  • 第12会場
    2号館221
  • 第13会場
    2号館222
  • 第14会場
    2号館223
  • 第15会場
    2号館224
  • 第16会場
    2号館231
  • 第17会場
    2号館232
  • 第18会場
    2号館233
  • 第19会場
    2号館234
  • ANA クラウンプラザホテルグランコート名古屋
    7F ザ・グランコート
9:00 10:00 11:00 12:00 13:00 14:00 15:00 16:00 17:00 18:00 19:00 20:00 21:00

11:40

大神田麻子{おおかんだまこオオカンダマコ}____[L-012]
就学前児のコミュニケーション能力の発達|1|1|−____板倉昭二{いたくらしょうじイタクラショウジ}

L-012

[L-012]
就学前児のコミュニケーション能力の発達

11:40

馬場ちはる{ばばちはるババチハル}____[L-013]
機能的アセスメントに基づく中学生の学級支援:授業参加率と学力の相互関係|1|1|−____松見淳子{まつみじゅんこマツミジュンコ}

L-013

[L-013]
機能的アセスメントに基づく中学生の学級支援:授業参加率と学力...

11:40

金谷翔子{かなやしょうこカナヤショウコ}____[L-014]
聴覚における対応付けの時間限界|1|1|−____横澤一彦{よこさわかずひこヨコサワカズヒコ}

L-014

[L-014]
聴覚における対応付けの時間限界

11:40

佐々木真吾{ささきしんごササキシンゴ}____[L-015]
児童期における想起のコントロールの発達:“だいたい”と“正確”の教示を用いて|1|1|−____仲真紀子{なかまきこナカマキコ}

L-015

[L-015]
児童期における想起のコントロールの発達:“だいたい”と“正確...

11:40

高史明{たかふみあきタカフミアキ}____[L-016]
在日コリアンに対するレイシズムの社会心理学的研究|1|1|−____北村英哉{きたむらひでやキタムラヒデヤ}

L-016

[L-016]
在日コリアンに対するレイシズムの社会心理学的研究

11:40

森泉慎吾{もりいずみしんごモリイズミシンゴ}____[L-017]
リスク受容時におけるベネフィットがリスク認知に及ぼす影響−効果的な安全教育への展望−|1|1|−____臼井伸之介{うすいしんのすけウスイシンノスケ}

L-017

[L-017]
リスク受容時におけるベネフィットがリスク認知に及ぼす影響−効...

11:40

田戸岡好香{たどおかよしかタドオカヨシカ}____[L-018]
ステレオタイプの抑制における代替思考方略の検討—ステレオタイプ内容モデルに注目して—|1|1|−____沼崎誠{ぬまざきまことヌマザキマコト}

L-018

[L-018]
ステレオタイプの抑制における代替思考方略の検討—ステレオタイ...

11:40

山田哲子{やまだてつこヤマダテツコ}____[L-019]
成人知的障がい者の将来の生活場所の選択・決定を叶えるための家族支援とは|1|1|−____能智正博{のうちまさひろノウチマサヒロ}

L-019

[L-019]
成人知的障がい者の将来の生活場所の選択・決定を叶えるための家...

11:40

猪股健太郎{いのまたけんたろうイノマタケンタロウ}____[L-020]
シーン認知と空間表象の活性化|1|1|−____清水寛之{しみずひろゆきシミズヒロユキ}

L-020

[L-020]
シーン認知と空間表象の活性化

11:40

井川純一{いがわじゅんいちイガワジュンイチ}____[L-021]
バーンアウト概念の再検討: 仕事への情熱の観点から|1|1|−____坂田桐子{さかたきりこサカタキリコ}

L-021

[L-021]
バーンアウト概念の再検討: 仕事への情熱の観点から

11:40

磯村朋子{いそむらともこイソムラトモコ}____[L-022]
自閉症児における表情処理機構の解明 −怒り顔優位性効果に着目して−|1|1|−____正高信男{まさたかのぶおマサタカノブオ}

L-022

[L-022]
自閉症児における表情処理機構の解明 −怒り顔優位性効果に着目して−

09:20

東山薫{とうやまかおるトウヤマカオル}____[SS-036]
母親のかかわりと乳幼児の社会的認知能力−愛着・共同注意・心の理論の視点から|1|1|−____佐藤鮎美{さとうあゆみサトウアユミ}|蒲谷槙介{かばやしんすけカバヤシンスケ}|内藤美加{ないとうみかナイトウミカ}|高橋惠子{たかはしけいこタカハシケイコ}

SS-036

[SS-036]
母親のかかわりと乳幼児の社会的認知能力−愛着・共同注意・心の理論の視点から

09:20

井上果子{いのうえかこイノウエカコ}____[SS-037]
日本版IFEEL Pictures—乳幼児の表情写真を用いた情緒認知研究の展開|1|1|−____深津千賀子{ふかつちかこフカツチカコ}|田中優{たなかまさしタナカマサシ}|松澤正子{まつざわまさこマツザワマサコ}|山田一子{やまだかずこヤマダカズコ}|永田雅子#{ながたまさこナガタマサコ}|青木佐奈枝{あおきさなえアオキサナエ}|濱田庸子#{はまだようこハマダヨウコ}|長屋佐和子{ながやさわこナガヤサワコ}

SS-037

[SS-037]
日本版IFEEL Pictures—乳幼児の表情写真を用いた情緒認知研究の展開

09:20

田中裕{たなかゆうタナカユウ}____[SS-038]
まばたきでどこまで研究可能か! ー観客との相互作用および気分障害評価についてー|1|1|−____大森慈子{おおもりやすこオオモリヤスコ}|野村亮太{のむらりょうたノムラリョウタ}|北沢桃子#{きたざわももこキタザワモモコ}|山田冨美雄{やまだふみおヤマダフミオ}|福田恭介{ふくだきょうすけフクダキョウスケ}

SS-038

[SS-038]
まばたきでどこまで研究可能か! ー観客との相互作用および気分障害評価についてー

09:20

和田有史{わだゆうじワダユウジ}____[SS-039]
実学としての実験心理学6—応用と科学のジレンマを越えられるか|1|1|−____入戸野宏{にっとのひろしニットノヒロシ}|西崎友規子{にしざきゆきこニシザキユキコ}|松原和也#{まつばらかずやマツバラカズヤ}|坂井信之{さかいのぶゆきサカイノブユキ}|武田裕司{たけだゆうじタケダユウジ}|永井聖剛{ながいまさよしナガイマサヨシ}|市原茂{いちはらしげるイチハラシゲル}|熊田孝恒{くまだたかつねクマダタカツネ}

SS-039

[SS-039]
実学としての実験心理学6—応用と科学のジレンマを越えられるか

09:20

三嶋博之{みしまひろゆきミシマヒロユキ}____[SS-040]
ニッチ構築としての知と技能の発達|1|1|−____河野哲也{こうのてつやコウノテツヤ}|森直久{もりなおひさモリナオヒサ}|RichardMenary#{MenaryRichard}|丸山慎{まるやましんマルヤマシン}|野中哲士{のなかてつしノナカテツシ}

SS-040

[SS-040]
ニッチ構築としての知と技能の発達

09:20

木村健太{きむらけんたキムラケンタ}____[SS-041]
認知・意思決定における心理生物学的アプローチ −神経内分泌に注目した研究−|1|1|−____井澤修平{いざわしゅうへいイザワシュウヘイ}|領家梨恵#{りょうけりえリョウケリエ}|高橋泰城#{たかはしたいきタカハシタイキ}|袴田優子#{はかまたゆうこハカマタユウコ}|大平英樹{おおひらひできオオヒラヒデキ}

SS-041

[SS-041]
認知・意思決定における心理生物学的アプローチ −神経内分泌に注目した研究−

09:20

太田信夫{おおたのぶおオオタノブオ}____[SS-042]
【WS30周年記念企画】潜在記憶からの展開:New Trend, New Ideas ーこの30年を振り返りながらー|1|1|−____多鹿秀継{たじかひでつぐタジカヒデツグ}|山田恭子{やまだきょうこヤマダキョウコ}|浅野昭祐{あさのあきひろアサノアキヒロ}|雨宮有里{あめみやゆりアメミヤユリ}|藤田哲也{ふじたてつやフジタテツヤ}|伊東裕司{いとうゆうじイトウユウジ}

SS-042

[SS-042]
【WS30周年記念企画】潜在記憶からの展開:New Trend, New Ideas ーこの30年を振り返りながらー

09:20

池原一哉{いけはらかずやイケハラカズヤ}____[SS-043]
ベイズ統計学による「研究仮説が正しい確率」の計算--p値からの卒業--|1|1|−____秋山隆{あきやまたかしアキヤマタカシ}|久保沙織{くぼさおりクボサオリ}|磯部友莉恵{いそべゆりえイソベユリエ}|拜殿怜奈{はいでんれいなハイデンレイナ}|長尾圭一郎{ながおけいいちろうナガオケイイチロウ}|南風原朝和{はえばらともかずハエバラトモカズ}|豊田秀樹{とよだひできトヨダヒデキ}

SS-043

[SS-043]
ベイズ統計学による「研究仮説が正しい確率」の計算--p値からの卒業--

09:20

喜入暁{きいれさとるキイレサトル}____[SS-044]
サイコパシー傾向の進化的適応|1|1|−____杉浦義典{すぎうらよしのりスギウラヨシノリ}|増井啓太{ますいけいたマスイケイタ}|横田晋大{よこたくにひろヨコタクニヒロ}

SS-044

[SS-044]
サイコパシー傾向の進化的適応

09:20

山祐嗣{やまひろしヤマヒロシ}____[SS-045]
認知の二重性(3)—批判的思考における二重性|1|1|−____小林知博{こばやしちひろコバヤシチヒロ}|楠見孝{くすみたかしクスミタカシ}|菊池聡{きくちさとるキクチサトル}|戸田山和久#{とだやまかずひさトダヤマカズヒサ}

SS-045

[SS-045]
認知の二重性(3)—批判的思考における二重性

09:20

筒井雄二{つついゆうじツツイユウジ}____[SS-046]
原子力災害が心理的影響を引き起こすメカニズムを考える|1|1|−____木下冨雄{きのしたとみおキノシタトミオ}|佐倉統#{さくらおさむサクラオサム}|氏家達夫{うじいえたつおウジイエタツオ}|高谷理恵子{たかやりえこタカヤリエコ}

SS-046

[SS-046]
原子力災害が心理的影響を引き起こすメカニズムを考える

13:10

板倉昭二{いたくらしょうじイタクラショウジ}____[SS-047]
公平感と向社会行動の発達とその神経基盤|1|1|−____北崎充晃{きたざきみちてるキタザキミチテル}|JessicaSommerville#{SommervilleJessica}|上野美果{えみみかエミミカ}

SS-047

[SS-047]
公平感と向社会行動の発達とその神経基盤

13:10

木戸彩恵{きどあやえキドアヤエ}____[SS-048]
衣食美心理学の可能性|1|1|−____黒須正明{くろすまさあきクロスマサアキ}|阿部恒之{あべつねゆきアベツネユキ}|サトウタツヤ{さとうたつやサトウタツヤ}|荒川歩{あらかわあゆむアラカワアユム}

SS-048

[SS-048]
衣食美心理学の可能性

13:10

吉野諒三{よしのりょうぞうヨシノリョウゾウ}____[SS-049]
日本における数理心理学の展開XXiV|1|1|−____繁桝算男{しげますかずおシゲマスカズオ}|中川正宣{なかがわまさのりナカガワマサノリ}|浅川伸一{あさかわしんいちアサカワシンイチ}|広田すみれ{ひろたすみれヒロタスミレ}|千野直仁{ちのなおひとチノナオヒト}|岡本安晴{おかもとやすはるオカモトヤスハル}|椎名乾平{しいなけんぺいシイナケンペイ}

SS-049

[SS-049]
日本における数理心理学の展開XXiV

13:10

小山慎一{こやましんいちコヤマシンイチ}____[SS-050]
「こころの時間」の臨床神経心理学:マクロおよびミクロなスケールにおける時間の知覚|1|1|−____緑川晶{みどりかわあきらミドリカワアキラ}|栗山健一{くりやまけんいちクリヤマケンイチ}|本間元康{ほんまもとやすホンマモトヤス}|今泉修{いまいずみしゅうイマイズミシュウ}|弘光健太郎{ひろみつけんたろうヒロミツケンタロウ}

SS-050

[SS-050]
「こころの時間」の臨床神経心理学:マクロおよびミクロなスケールにおける時間の知覚

13:10

外山紀子{とやまのりこトヤマノリコ}____[SS-051]
相互行為・相互交渉場面における身体化された音楽性|1|1|−____根ケ山光一{ねがやまこういちネガヤマコウイチ}|古山宣洋{ふるやまのぶひろフルヤマノブヒロ}|細馬宏通#{ほそまひろみちホソマヒロミチ}|石島このみ{いしじまこのみイシジマコノミ}|志村洋子#{しむらようこシムラヨウコ}

SS-051

[SS-051]
相互行為・相互交渉場面における身体化された音楽性

13:10

中村恵子{なかむらけいこナカムラケイコ}____[SS-052]
再登校支援における家庭訪問支援技法の開発と可能性|1|1|−____大川一郎{おおかわいちろうオオカワイチロウ}|藤生英行{ふじうひでゆきフジウヒデユキ}|湯浅俊夫#{ゆあさとしおユアサトシオ}|梶原郷#{かじはらあきらカジハラアキラ}|工藤浩二{くどうこうじクドウコウジ}|水野治久{みずのはるひさミズノハルヒサ}

SS-052

[SS-052]
再登校支援における家庭訪問支援技法の開発と可能性

13:10

山本渉太{やまもとしょうたヤマモトショウタ}____[SS-053]
心理学的知見を踏まえた捜査面接法|1|1|−____仲真紀子{なかまきこナカマキコ}|山元修一{やまもとしゅういちヤマモトシュウイチ}|和智妙子{わちたえこワチタエコ}|高木光太郎{たかぎこうたろうタカギコウタロウ}|増田明香{ますだあすかマスダアスカ}

SS-053

[SS-053]
心理学的知見を踏まえた捜査面接法

13:10

浅野良輔{あさのりょうすけアサノリョウスケ}____[SS-054]
ペアデータによる2者関係の相互依存性へのアプローチ|1|1|−____鬼頭美江{きとうみえキトウミエ}|清水裕士{しみずひろしシミズヒロシ}|石盛真徳{いしもりまさのりイシモリマサノリ}|荘島宏二郎{しょうじまこうじろうショウジマコウジロウ}

SS-054

[SS-054]
ペアデータによる2者関係の相互依存性へのアプローチ

13:10

藤木大介{ふじきだいすけフジキダイスケ}____[SS-055]
情動知能の育成と感情に関わる意思決定|1|1|−____沖林洋平{おきばやしようへいオキバヤシヨウヘイ}|豊田弘司{とよたひろしトヨタヒロシ}|山田洋平{やまだようへいヤマダヨウヘイ}|中尾敬{なかおたかしナカオタカシ}

SS-055

[SS-055]
情動知能の育成と感情に関わる意思決定

13:10

濱口佳和{はまぐちよしかずハマグチヨシカズ}____[SS-056]
絆を破壊する行動—関係性攻撃研究20年の展望—|1|1|−____関口雄一{せきぐちゆういちセキグチユウイチ}|畠山美穂{はたけやまみほハタケヤマミホ}|勝間理沙{かつまりさカツマリサ}|磯部美良{いそべみよしイソベミヨシ}|吉澤寛之{よしざわひろゆきヨシザワヒロユキ}|藤原健志{ふじわらたけしフジワラタケシ}

SS-056

[SS-056]
絆を破壊する行動—関係性攻撃研究20年の展望—

13:10

向後千春{こうごちはるコウゴチハル}____[SS-057]
アドラー心理学のライフスタイル論をBig Five性格特性につなぐ|1|1|−____谷伊織{たにいおりタニイオリ}|伊澤幸代{いざわさちよイザワサチヨ}|堂坂更夜香{どうさかさやかドウサカサヤカ}

SS-057

[SS-057]
アドラー心理学のライフスタイル論をBig Five性格特性につなぐ

13:10

西垣悦代{にしがきえつよニシガキエツヨ}____[SS-058]
ウェルビーイングとパフォーマンスを高める心理学:ポジティブ心理学とコーチング心理学|1|1|−____前野隆司#{まえのたかしマエノタカシ}|大竹恵子{おおたけけいこオオタケケイコ}|斉藤真一郎{さいとうしんいちろうサイトウシンイチロウ}

SS-058

[SS-058]
ウェルビーイングとパフォーマンスを高める心理学:ポジティブ心理学とコーチング心理学

13:10

横光健吾{よこみつけんごヨコミツケンゴ}____[SS-059]
嗜好品は人々の生活や人生にどのような影響を与えるか−嗜好品研究の最前線−|1|1|−____佐藤健二{さとうけんじサトウケンジ}|高橋泰城#{たかはしたいきタカハシタイキ}|森泉哲{もりいずみさとしモリイズミサトシ}|坂野雄二{さかのゆうじサカノユウジ}|高田公理#{たかだまさとしタカダマサトシ}|矢島潤平{やじまじゅんぺいヤジマジュンペイ}

SS-059

[SS-059]
嗜好品は人々の生活や人生にどのような影響を与えるか−嗜好品研究の最前線−

15:30

島田英昭{しまだひであきシマダヒデアキ}____[SS-060]
二重過程理論の応用—教育,臨床,社会—|1|1|−____鈴木俊太郎{すずきしゅんたろうスズキシュンタロウ}|高橋史{たかはしふみとタカハシフミト}|島田貴仁{しまだたかひとシマダタカヒト}|及川昌典{おいかわまさのりオイカワマサノリ}|北島宗雄#{きたじまむねおキタジマムネオ}

SS-060

[SS-060]
二重過程理論の応用—教育,臨床,社会—

15:30

金澤潤一郎{かなざわじゅんいちろうカナザワジュンイチロウ}____[SS-061]
触法者に対する臨床心理学的アプローチ〜多職種・多機関との連携〜|1|1|−____野村和孝{のむらかずたかノムラカズタカ}|別司ちさと#{べっしちさとベッシチサト}|東本愛香#{とうもとあいかトウモトアイカ}

SS-061

[SS-061]
触法者に対する臨床心理学的アプローチ〜多職種・多機関との連携〜

15:30

星野悦子{ほしのえつこホシノエツコ}____[SS-062]
日常の音楽聴取における心理と行動:人はいつ、どこで、どんな音楽を聞くのか?|1|1|−____羽藤律{はとうただすハトウタダス}|生駒忍{いこましのぶイコマシノブ}|佐藤典子{さとうのりこサトウノリコ}|濱村真理子#{はまむらまりこハマムラマリコ}|河瀬諭{かわせさとしカワセサトシ}|杵鞭広美{きねむちひろみキネムチヒロミ}|仁平義明{にへいよしあきニヘイヨシアキ}

SS-062

[SS-062]
日常の音楽聴取における心理と行動:人はいつ、どこで、どんな音楽を聞くのか?

15:30

長谷川晃{はせがわあきらハセガワアキラ}____[SS-063]
反すう研究の最前線 —国内で行われた研究を中心に—|1|1|−____西村春輝{にしむらはるきニシムラハルキ}|國里愛彦{くにさとよしひこクニサトヨシヒコ}|大平英樹{おおひらひできオオヒラヒデキ}

SS-063

[SS-063]
反すう研究の最前線 —国内で行われた研究を中心に—

15:30

宇佐美まゆみ{うさみまゆみウサミマユミ}____[SS-064]
心理学と言語教育科学の連携に向けて−理解と産出・コミュニケーションの観点から−|1|1|−____野田尚史#{のだひさしノダヒサシ}|迫田久美子#{さこだくみこサコダクミコ}|福田由紀{ふくだゆきフクダユキ}|小川一美{おがわかずみオガワカズミ}|森島泰則{もりしまやすのりモリシマヤスノリ}

SS-064

[SS-064]
心理学と言語教育科学の連携に向けて−理解と産出・コミュニケーションの観点から−

15:30

伴碧{ばんみどりバンミドリ}____[SS-065]
感じてしまう不思議—文化とロボットから探るアニミズム—|1|1|−____高橋英之#{たかはしひでゆきタカハシヒデユキ}|池内裕美#{いけうちひろみイケウチヒロミ}|大澤博隆#{おおさわひろたかオオサワヒロタカ}|奥野克巳#{おくのかつみオクノカツミ}|笠木雅史#{かさきまさしカサキマサシ}|小嶋秀樹#{こじまひできコジマヒデキ}

SS-065

[SS-065]
感じてしまう不思議—文化とロボットから探るアニミズム—

15:30

伊藤大幸{いとうひろゆきイトウヒロユキ}____[SS-066]
心理学研究における構造方程式モデリング(SEM)の役割とピットフォール:SEMとの「正しい付き合い方」とは|1|1|−____平島太郎{ひらしまたろうヒラシマタロウ}|行廣隆次{ゆきひろりょうじユキヒロリョウジ}|大津起夫{おおつたつおオオツタツオ}|谷伊織{たにいおりタニイオリ}

SS-066

[SS-066]
心理学研究における構造方程式モデリング(SEM)の役割とピットフォール:SEMとの「正しい付き合い方」とは

15:30

齋木潤{さいきじゅんサイキジュン}____[SS-067]
制御機構の認知神経科学:平均特性と個人間変異の統合にむけて|1|1|−____上田祥行{うえだよしゆきウエダヨシユキ}|野村理朗{のむらみちおノムラミチオ}|山本洋紀{やまもとひろきヤマモトヒロキ}|杉尾武志{すぎおたけしスギオタケシ}

SS-067

[SS-067]
制御機構の認知神経科学:平均特性と個人間変異の統合にむけて

15:30

能智正博{のうちまさひろノウチマサヒロ}____[SS-068]
ディスコースの心理学の展開|1|1|−____鈴木聡志{すずきさとしスズキサトシ}|大橋靖史{おおはしやすしオオハシヤスシ}|北村篤司{きたむらあつしキタムラアツシ}|古井(橋本)望#{ふるいのぞみフルイノゾミ}|森直久{もりなおひさモリナオヒサ}|五十嵐靖博{いがらしやすひろイガラシヤスヒロ}

SS-068

[SS-068]
ディスコースの心理学の展開

15:30

関口貴裕{せきぐちたかひろセキグチタカヒロ}____[SS-069]
マインドワンダリング!—ぼんやりする心の科学|1|1|−____森田泰介{もりたたいすけモリタタイスケ}|井関龍太{いせきりゅうたイセキリュウタ}|梶村昇吾{かじむらしょうごカジムラショウゴ}|松本昇{まつもとのぼるマツモトノボル}|篠原一光{しのはらかずみつシノハラカズミツ}|及川恵{おいかわめぐみオイカワメグミ}

SS-069

[SS-069]
マインドワンダリング!—ぼんやりする心の科学

15:30

中尾将大{なかおまさひろナカオマサヒロ}____[SS-070]
宗教性/スピリチュアリティと精神的健康の関連 (3)—科研費研究プロジェクトの3年間の活動で見えてきたもの—|1|1|−____松島公望{まつしまこうぼうマツシマコウボウ}|川島大輔{かわしまだいすけカワシマダイスケ}|大村哲夫{おほむらてつをオホムラテツヲ}|具志堅伸隆{ぐしけんのぶたかグシケンノブタカ}|酒井克也{さかいかつやサカイカツヤ}|荒川歩{あらかわあゆむアラカワアユム}

SS-070

[SS-070]
宗教性/スピリチュアリティと精神的健康の関連 (3)—科研費研究プロジェクトの3年間の活動で見えてきたもの—

15:30

向井志緒子{むかいしおこムカイシオコ}____[SS-071]
情報デザインにおける実験心理学の応用−リスク認知から見た表示デザインのあり方とは−|1|1|−____小山慎一{こやましんいちコヤマシンイチ}|大山潤爾{おおやまじゅんじオオヤマジュンジ}|土田昭司{つちだしょうじツチダショウジ}

SS-071

[SS-071]
情報デザインにおける実験心理学の応用−リスク認知から見た表示デザインのあり方とは−

15:30

尾崎由佳{おざきゆかオザキユカ}____[SS-072]
経験サンプリング法による心理学研究の新たな展開:スマートフォンを介して“日常”を探る|1|1|−____後藤崇志{ごとうたかゆきゴトウタカユキ}|小林麻衣{こばやしまいコバヤシマイ}|金子迪大{かねこみちひろカネコミチヒロ}|雨宮有里{あめみやゆりアメミヤユリ}|高史明{たかふみあきタカフミアキ}|三浦麻子{みうらあさこミウラアサコ}

SS-072

[SS-072]
経験サンプリング法による心理学研究の新たな展開:スマートフォンを介して“日常”を探る

15:30

佐藤徳{さとうあつしサトウアツシ}____[SS-073]
we-modeサイエンス序章|1|1|−____板倉昭二{いたくらしょうじイタクラショウジ}|平井真洋{ひらいまさひろヒライマサヒロ}|古畑尚樹#{ふるはたなおきフルハタナオキ}

SS-073

[SS-073]
we-modeサイエンス序章

11:40

五十嵐祐{いがらしたすくイガラシタスク}____[TWS-006]
Qualtricsによるオンラインアンケートの作成|1|1|−____平島太郎{ひらしまたろうヒラシマタロウ}|白木優馬{しらきゆうまシラキユウマ}

TWS-006

[TWS-006]
Qualtricsによるオンラインアンケートの作成

11:40

内藤哲雄{ないとうてつおナイトウテツオ}____[TWS-007]
PAC分析の理論と具体的な実施技術|1|1|−____いとうたけひこ{いとうたけひこイトウタケヒコ}

TWS-007

[TWS-007]
PAC分析の理論と具体的な実施技術

11:40

中澤潤{なかざわじゅんナカザワジュン}____[TWS-008]
ベイリー乳幼児発達検査|1|1|−____田中恭子#{たなかきょうこタナカキョウコ}|片桐正敏{かたぎりまさとしカタギリマサトシ}

TWS-008

[TWS-008]
ベイリー乳幼児発達検査

11:40

伊藤義徳{いとうよしのりイトウヨシノリ}____[TWS-009]
マインドフルネスの実践方法3|1|1|−____

TWS-009

[TWS-009]
マインドフルネスの実践方法3

11:40

堀田結孝{ほりたゆたかホリタユタカ}____[TWS-010]
コンピュータ・ネットワークを利用した集団実験のノウハウ|1|1|−____犬飼佳吾#{いぬかいけいごイヌカイケイゴ}

TWS-010

[TWS-010]
コンピュータ・ネットワークを利用した集団実験のノウハウ

11:40

種市康太郎{たねいちこうたろうタネイチコウタロウ}____[TWS-011]
サイコロジカル・ファースト・エイド(PFA,災害時の心理的応急処置)について|1|1|−____

TWS-011

[TWS-011]
サイコロジカル・ファースト・エイド(PFA,災害時の心理的応急処置)...

09:20

北田亮{きただりょうキタダリョウ}____[ITL-004]
触覚による物体認識の脳内ネットワーク|1|1|−____月浦崇{つきうらたかしツキウラタカシ}

ITL-004

[ITL-004]
触覚による物体認識の脳内ネットワーク

13:10

阿部修士{あべのぶひとアベノブヒト}____[ITL-005]
正直さと不正直さを支える脳のメカニズム|1|1|−____吉川左紀子{よしかわさきこヨシカワサキコ}

ITL-005

[ITL-005]
正直さと不正直さを支える脳のメカニズム

15:30

苧阪直行{おさかなおゆきオサカナオユキ}____[ITL-006]
意識をつくるワーキングメモリ|1|1|−____佐藤隆夫{さとうたかおサトウタカオ}

ITL-006

[ITL-006]
意識をつくるワーキングメモリ

09:20

髙橋晋也{たかはししんやタカハシシンヤ}____[IS-004]
隣接領域から見た心理学界 −心理学のここが不満−|1|1|−____辻敬一郎{つじけいいちろうツジケイイチロウ}|久野覚{くのさとるクノサトル}|木下麻奈子{きのしたまなこキノシタマナコ}|井口善生{いぐちよしおイグチヨシオ}|牧野暁世{まきのあきよマキノアキヨ}

IS-004

[IS-004]
隣接領域から見た心理学界 −心理学のここが不満−

15:30

川口潤{かわぐちじゅんカワグチジュン}____[IS-005]
未来を考える人間のこころ|1|1|−____齊藤智{さいとうさとるサイトウサトル}|梅田聡{うめださとしウメダサトシ}|平田聡{ひらたさとしヒラタサトシ}|銅谷賢治#{どうやけんじドウヤケンジ}|戸田山和久#{とだやまかずひさトダヤマカズヒサ}

IS-005

[IS-005]
未来を考える人間のこころ

11:40

日本心理学会教育研究委員会博物館小委員会{にほんしんりがっかいきょういくけんきゅういいんかいはくぶつかんしょういいんかいニホンシンリガッカイキョウイクケンキュウイインカイハクブツカンショウイインカイ}____[JPAS-007]
“秘すれば花”・科学の感動を共有するためのコツ|1|1|−____丹藤克也{たんどうかつやタンドウカツヤ}|遠藤由美{えんどうゆみエンドウユミ}|横山広美#{よこやまひろみヨコヤマヒロミ}

JPAS-007

[JPAS-007]
“秘すれば花”・科学の感動を共有するためのコツ

13:10

松沢哲郎{まつざわてつろうマツザワテツロウ}____[JPAS-008]
人間の心の固有性|1|1|−____渡邊正孝{わたなべまさたかワタナベマサタカ}|JamesR.Anderson#{AndersonJamesR.}|服部裕子#{はっとりゆうこハットリユウコ}|北澤茂#{きたざわしげるキタザワシゲル}|土谷尚嗣#{つちやなおつぐツチヤナオツグ}

JPAS-008

[JPAS-008]
人間の心の固有性

13:10

安藤清志{あんどうきよしアンドウキヨシ}____[JPAS-009]
災害復興と心理学|1|1|−____松井豊{まついゆたかマツイユタカ}|佐藤俊彦{さとうとしひこサトウトシヒコ}|松村治{まつむらおさむマツムラオサム}|渥美公秀{あつみともひでアツミトモヒデ}|氏家達夫{うじいえたつおウジイエタツオ}

JPAS-009

[JPAS-009]
災害復興と心理学

13:10

藤田和生{ふじたかずおフジタカズオ}____[JPAS-010]
英語論文投稿への道(6)|1|1|−____齋木潤{さいきじゅんサイキジュン}|四本裕子#{よつもとゆうこヨツモトユウコ}|唐沢穣{からさわみのるカラサワミノル}|川合伸幸{かわいのぶゆきカワイノブユキ}

JPAS-010

[JPAS-010]
英語論文投稿への道(6)

09:20

MahzarinR.Banaji{BanajiMahzarinR.}____[SL-003]
The Social Unconscious|1|1|−____唐沢穣{からさわみのるカラサワミノル}

SL-003

[SL-003]
The Social Unconscious

13:10

MichaelAnderson{AndersonMichael}____[SL-004]
Keeping a Spotless Mind: The Neuroscience of Motivated Forgetting|1|1|−____川口潤{かわぐちじゅんカワグチジュン}

SL-004

[SL-004]
Keeping a Spotless Mind: The Neuroscience of Moti...

15:30

MickCooper{CooperMick}____[SL-005]
What are the Ingredients of Effective Psychotherapy? A Practitioner-friendly Review of the Evidence|1|1|−____伊藤義美{いとうよしみイトウヨシミ}

SL-005

[SL-005]
What are the Ingredients of Effective Psychothera...

18:30

−____懇親会|1|1|−____

KSK-001

懇親会

詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版