発表

一般研究発表(ポスター)
2EV-116

青年期の友人関係とアイデンティティの確立—自他認知尺度で調査した自他区別の様式の違い

[責任発表者] 前田 薫葉:1
[連名発表者] 小田 浩一:1
1:東京女子大学

目 的
 青年期の発達課題であるアイデンティティの確立に、友人関係は影響を与えている(Erikson, 1959 西平他訳 2011)。しかし、現代青年の友人関係は希薄化してきているという指摘がある(岡田努,1993など)。変化した友人関係の中で過ごしても、現代青年は発達課題を達成することができるのかを検討する。検討の際、自他区別ができていれば、アイデンティティの確立が達成されているとみなす。自他区別の測定方法は、岡田(1995)の個人差多次元尺度での分析を参考にする。
方 法
 大学生432名(男子180名,女子252名)を対象に、2014年10月に質問紙調査を実施した。調査内容は下記の通りである。
(1)友人関係尺度:岡田(1993)を評定尺度化したもの。
(2)自他認知項目:長嶋・藤原・原野・斎藤・堀(1967)より、岡田(1987)が選択した11の形容詞対×2(肯定項目と否定項目)の計22項目を使用した。これを理想自己像、現実自己像、同性の親友像についてそれぞれ評定させた。
(3)自己評価尺度:山本・松井・山成(1982)の10項目。
(4)自己意識尺度:菅原(1984)が邦訳した自己意識尺度21項目。
 なお、本研究では(1)(2)の尺度について分析を行った。
結 果
友人関係群の抽出
 友人関係尺度を因子分析に掛け、「気づかい」、「うわべ」、「ウケ狙い」の3つの因子を抽出した。その因子得点の合計で、クラスタ分析を行って回答者を4つのクラスタに分類した。クラスタ間で因子得点の一元配置分散分析を行い、得られた特徴から4つのクラスタを「楽しさ気づかい群」、「ウケ狙わない群」、「うわべ群」、「気づかいなし群」と命名した。
自他認知項目の距離の分析
 理想自己像、現実自己像、親友像のそれぞれの間の距離を検討するために、多次元尺度法の分析を行った。友人関係群ごとに、肯定項目と否定項目別個に、11項目×3対象=33項目の相関行列を求めた後、σ=√(1-r^2 )で非類似性行列に変換し入力データとした。
 その結果、否定項目ではどの友人関係群も3つの像がそれぞれ別個に集合していた。また、それぞれの集合の位置もあまり変わりがなかった。
 肯定項目では、友人関係群によって違いがあった。「楽しさ気づかい群」は、3つの像がそれぞれに集合していた。しかし、理想自己像と親友像の「静かな」がそれぞれ親友像と現実自己像に接近していたり、現実自己像の「素直な」が理想自己像の集合に混ざったりした。「ウケ狙わない群」は、現実自己像がII軸を跨がっており、理想自己像と親友像の一部は混ざって布置された。「うわべ群」は、現実自己像の「きちんとした」と「ていねいな」が現実自己像の集合と真逆に布置され、また理想自己像と親友像の集合は対極に布置された(Figure1)。「気づかいなし群」は、3つの像がそれぞれに集合していた。
考 察
 否定項目では、どの友人関係群でも3つの像がそれぞれに集合していた。よって、友人関係群に関係なく自他区別ができるようになると考えられる。
 肯定項目では、友人関係群によって違いがあった。「楽しさ気づかい群」と「気づかいなし群」は、理想自己像、現実自己像、親友像がそれぞれに集合したので、自他区別はできていると言える。しかし、「楽しさ気づかい群」については、現実自己像の「素直な」や理想自己像と親友像の「静かな」といった一部の項目は区別できていなかった。また、3つの像の集合の配置からI軸は理想対現実、II軸は自己対他者を区別していると考えられる。「ウケ狙わない群」と「うわべ群」は、理想自己像と親友像が区別されていなかったり、現実自己像が2つに分かれて対極に位置していたりした。よって、完全な自他区別はなされておらず、さらに現実の自己がまだしっかりと定まっていないようである。また、「ウケ狙わない群」は親友像を理想と見ている傾向が強いようだが、「うわべ群」では反対に親友像を理想とは見ていないようである。
 参考にした岡田(1995)では、肯定項目が完全に区別され、否定項目が区別されないという結果であった。しかし、今回の調査ではそれとは反対に、現代青年は肯定項目よりも否定項目のほうが自他区別が早いことが示され、肯定項目は友人関係によって自他の区別がまだできていないという結果だった。現代青年は、肯定項目よりも否定項目のほうがはっきりとしたイメージを持っている可能性が考えられる。
引用文献
Erikson.E.H. (1959). Identity and the Life Cycle. (エリクソンE.H 西平直・中島由恵 (訳) (2011). アイデンティティとライフサイクル 誠信書房)
岡田努 (1993). 現代青年の友人関係に関する考察 青年心理学研究,5,43-55.
岡田努 (1995). 現代大学生の友人関係と自己像・友人像に関する考察 教育心理学研究,43(4),354-363.

詳細検索
アプリバナー iPhone版,iPad版 Android版