発表詳細

公募シンポジウム

割れ窓理論再考:環境手がかりと状況的規範が秩序違反行動に与える影響
print print
日程
2014年9月11日(木)
時間
09:20 - 11:20
会場
RY407
 
前へ戻る

割れ窓理論再考:環境手がかりと状況的規範が秩序違反行動に与える影響

発表番号 : SS-044

【責任発表者・登壇者】
企画代表者)島田 貴仁:1 
【連名発表者・登壇者】
企画者、話題提供者、司会者)宮脇 かおり:2、話題提供者)森 康浩:3、話題提供者)中俣 友子:4、話題提供者)沖中 武:5、指定討論者)羽生 和紀:6、指定討論者)大沼 進:3

1:科学警察研究所、2:京都府警科学捜査研究所、3:北海道大学、4:東北大学、5:兵庫県警科学捜査研究所、6:日本大学

 

 割れ窓理論(Wilson&Kelling,1982)は、秩序違反の痕跡が、犯罪統制の欠如を推論させる環境手がかりとなり、さらなる秩序違反行動を助長すると考える。割れ窓理論は、国内外の犯罪政策での人気に関わらず、その背景の心理学的機制は十分に検討されてこなかったが、近年、環境手がかりが行動を自動的に喚起すると考える状況的規範や、人間の目の写真を看板で掲示する介入実験など、新たな理論や実証知見が提出されるようになった。
 そこで、本シンポジウムは日本環境心理学会企画として、最近日本で実施された介入実験3つと評定実験1つの報告を踏まえ、環境手がかりと状況的規範が秩序違反行動やその抑制に与える影響について議論する。割れ窓理論に基づく介入研究は、フィールドでの応用研究としての価値のみが注目されがちであるが、本シンポジウムでは、指定討論に時間を割き、応用研究を超えた心理学的意義について共通理解に至る場としたい。

前へ戻る